ひまわりギフトも本人確認は必要?現金化業者に提要される『古物営業法とは?』

ひまわりギフトの本人確認手順とは?

 

クレジットカード現金化業者を利用する時に本人確認は本当に必要な項目となっています。
しかし、こ本人確認はなぜ必要になのでしょうか?

 

現金化利用者からすれば必要なさそうに見える本人確認でも、実は現金化業者からすればどうしても必要な行程になっているという事は知っておいていただきたいです。

 

そこで、ひまわりギフトの本人確認手順の前に、本人確認が何故必要なのかを知っていただこうと思います。

 

 

現金化業者の本人確認が必要な理由

 

クレジットカード現金化業者の本人確認ですが、もしもこれを行わなかった場合どの様な被害が現金化業者に訪れるのでしょうか?

 

簡単に申し上げますと現金化業者が本人確認を行わなかった場合、現金化業者は逮捕されてしまいます。
『え?そんな事で?』と思う方も居るかも知れません。

 

しかし、実はこの本人確認という行程は法律でしなければならないと定められている事だったんです。

 

古物営業法と本人確認の必要性

 

古物営業法とは簡単に言えば古物の売り買いをする業者、店に定められた法律と権利のようなものになります。
クレジットカード現金化業者はこの古物営業法にのっとりクレジットカード現金化サービスを行っているのですが、なぜ『現金化が古物なの?』という方にご説明させていただきます。

 

クレジットカード現金化というサービスを『貸金業』と勘違いしている方をよく見かけますが、クレジットカード現金化業者は貸金業ではありません。

 

貸金業とは現金を利用者に貸付け、金額を少し多くして返してもらう資金調達サービスです。

 

クレジットカード現金化業者との違いがわかりますか?

 

貸金業は現金だけを利用者に提供していますが、クレジットカード現金化業者はどの様な方法でも『商品』を購入しなければ現金を手元に貰う事が出来ないサービスになっています。
それゆえに『現金化』というサービス名なのですが、ここが貸金業との大きな違いになります。

 

商品の売買を行い現金のやり取りをする。

 

これは、消費者金融よりもリサイクルショップのサービスに似ている方法ですよね?

 

その為、クレジットカード現金化サービスには古物営業法が適用されるという訳なのです。

 

ひまわりギフトの本人確認手順

 

それではここでひまわりギフトの本人確認の手順をご説明させていただきます。

 

ひまわりギフトの本人確認は以下の手順で行われるようになっています。

 

本人確認の手順
  1. 写真のついた公的機関発行の身分証の写真を送る
  2. 送った身分証を顔の横に持った自撮り写真を送る
  3. クレジットカードの情報を送る

以上がクレジットカード現金化業者に現金化を依頼した時に必要な本人確認の手続き方法になります。

 

ここで皆さんが一番気になるのはクレジットカードの情報を送る事ではありませんか?

 

なぜクレジットカードの情報が必要なのか?

 

これには深い訳があります。
現金化業者は自社でクレジットカードの端末を持っているのですがこれを現金化利用者に操作して貰う事は出来ません。

 

現金化業者が自ら操作してカード情報を入力しなければカードで決済を行うことは出来ません。
つまりカードの現金化も行えなくなるということなのです。

 

この様に物理的に不可能だからこそ、カードの情報を現金化業者に渡す必要があるのです。

 

優良業者なら安心の理由

 

このようにクレジットカードの情報を提出しなければいけないのはひまわりギフトだけではありません。
どこの現金化業者でもクレジットカードの情報は必ず提出しなければいけないサービスとなっています。

 

その為、現金化業界では優良の現金化業者を利用するように口をすっぱくして言われているというい訳なのです。

 

今の時代は、情報が簡単に行き来してしまう世の中になっています。
クレジットカード現金化業者といえども、少しでも不正を働けばすぐ様その悪事が露見してしまいます。

 

一度悪質と言われればすぐに利用者は途絶え現金化業者の利益は無くなってしまいます。
なので優良の現金化業者は不正をして一時の利益を得るよりも、質のいいサービスを行いまた利用して貰えるような継続性のある利益を取るのです。

 

しかし最近では悪質と評価される現金化業者が多いのもまた事実です。
そこにはしっかりとした理由があるのをご存知でしたか?

 

そのことにまとめた記事をご紹介していますので是非ご覧になってください。

 

ひまわりギフトも悪質?!その評価の理由とは

トップへ戻る